FC2ブログ

【会話ブログ】会話を辞めるのはどんな時なのかしら - 【会話ブログ】

【会話ブログ】 ホーム » スポンサー広告 » ミッキー+ミニー » 【会話ブログ】会話を辞めるのはどんな時なのかしら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【会話ブログ】を皆で共有しましょう!

【会話ブログ】会話を辞めるのはどんな時なのかしら

ブログネタ:大好きなことを辞めるのと、辛いことを始めるのどっちがしんどい? 参加中


「大好きな事を辞めるのと、辛い事を始めるのって、どっちがしんどいだろうな」

「引っぱたくわよ」

「何でだよ!ただ質問してるだけだぞ!」

「うるさいわね。どうせ【この女はどうやら僕の事が大好きらしいが、僕からすると付き合ってるのは辛い事という認識しかない。そのうち関係を終わりにして僕が今まで味わってきたしんどさをお前にも思い知らせてやるから覚悟しておけ。この出てくる料理が全て揚げ物の中華料理屋みたいにしつこい女め】と言おうと思ったんでしょう?あなたの言いたい事は全てお見通しよ」

「そんな事言うわけないだろ!お前と一緒にいるのは大好きな事って認識しかないぞ!」

「……うるさいわね。そんな言葉で過去の辛い事を全て忘れると思ったら大間違いよ。というより過去に辛い事なんて本当にあったのかしら、わけが分からないわね」

「おい、しっかり辛い事を忘れられてるじゃないか。ってまぁその方が僕も喜ばしいけど。って、何の話だったっけ?」

「さぁ、どうかしらね。過去の話題なんて全て忘れてしまったんじゃないかしら。全く思い出が蓄積されない壊れたハードディスクみたいな女で悪かったわね」

「いや、お前ほど記憶力の良い人なんていないじゃないか、全く。えーと、そうそう、大好きな事を辞めるのと、辛い事を始めるのと、どっちがしんどいだろうな」

「しつこいわね。どんな理由でそういう事態に巻き込まれるのかが問題じゃないかしら。誰かに罠にはめられたりするのかしら?」

「うん、まぁそういう事ならそれでも構わないぞ。大好きな事を誰かに独り占めにされちゃったり、何だか辛い事をいつの間にか押し付けられてたり、そんなカンジか」

「あらそう。私の場合はそういう事態になる前に相手が何かしらの事故で死んでしまっているでしょうから、想像出来ないわね。逆に言うとそんな事態になるのは油断した自分のせいじゃないかしら」

「こら!展開が物騒過ぎるぞ!あくまでそういう事態になったと仮定しての話だぞ!」

「うるさいわね。私はそういう誰かから悪意と敵意を持って妨害されるのを阻止するのが大好きなのかもしれないじゃないの。だから呆気なく相手が死んでしまったらつまらなくなってしんどいでしょうね」

「全く……まぁ中身はどうあれ、大好きな事を辞める方がしんどい、ってわけだな?」

「ええ、そうね。いよいよ全ての準備が整って、完全犯罪で相手にとどめを刺す作戦を始めるのは辛い事でしょうけれどね」

「おい、それじゃ辛い事を始めるのもしんどくなっちゃうぞ。一体どっちなんだ?」

「さぁ、どうかしらね。それだけ世の中や人生はしんどい事しかないんじゃないかしら。良い事なんてほとんど無いのが人生よ。明日の事くらいね」

「おい、ホントにそう思ってるのか?お前の過去や現在に全く良い事が無かったなんて聞き捨てならないぞ。僕がずっと傍にいたのに」

「違うわよ。あなたの事くらいね……って、何を言わせようとしているのかしら、みっともないわね」

「ううっ、そっか。僕に関する事だけが良い事って思ってくれてるのか……そんなに想われてるなんて僕は幸せ者だな」

「……やはりこんな辛い噓の話を始めなければいけない方がしんどいかもしれないわね」

「こら!嘘って言ったら全部おかしくなるぞ!全く素直じゃない!」


【会話ブログ】
「応援クリックはこっちでよろしくね」

公認会話士の電子書籍はこちらで購入出来ます。

関連記事



【会話ブログ】を皆で共有しましょう!
コメント
非公開コメント

No title

そういえば会話士さんと話したことないな笑

ミニーちゃんと別人らしいから!

2015-02-06 09:36 │ from アカギURL Edit

Re: No title

「あら、そうでしょうね。書き留めている人はコメント欄の存在なんて知らないんじゃないかしら。ハイジですら知らないくらいだものね」

2015-02-06 15:31 │ from 公認会話士URL

トラックバック

http://kouninkaiwashi.blog.fc2.com/tb.php/3925-47feba81

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。