FC2ブログ

【会話ブログ】言葉を避けるのは難しいわね - 【会話ブログ】

【会話ブログ】 ホーム » スポンサー広告 » ミッキー+ミニー » 【会話ブログ】言葉を避けるのは難しいわね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【会話ブログ】を皆で共有しましょう!

【会話ブログ】言葉を避けるのは難しいわね

ブログネタ:ドッジボールは内野、外野、どっちがいい? 参加中


「ドッヂボールってやった事あるか?」

「あら、どういう事かしら?」

「いや、そのままの意味だぞ。やった事があるのかどうか訊いてるんだ」

「あらそう。それはどういう事なのかしらね」

「おい、やった事があるかどうか訊いてるだけだぞ。何が分からないんだ?」

「あら、何が分からないのか全く分からないわね」

「こら!こんなんじゃ会話にならないぞ!真面目に会話してくれ!」

「うるさいわね。あなたの言葉のキャッチボールを避けていただけじゃないの。確かそういう遊びだったと思ったけれど、何が問題だったのかしら」

「いや、会話でドッヂボールなんてやられたら全く会話にならないぞ……お互いに避けてばかりじゃないか……」

「何をごにょごにょドッヂボールで毎回最後まで残るので、実は自分には球を避ける才能があると信じて自慢にしていたところ、【あいつはいつでも当てられるから残しておくと結局最後まで残っちゃうんだよな】などとクラスメイト達が話しているのを聞いてしまった男のようにつぶやいているのかしら、気持ち悪いわね。とにかく私の顔にボールをぶつけようとしてもそうはいかないわよ。事前にボールが破裂したり、投げようとした手が痺れて動かなくなったりするでしょうからね」

「一体何をするつもりなんだ……全く……って、別に僕はお前に痛い想いなんてさせたくないぞ。ただ今までにやった事があるのかどうか興味があっただけだぞ」

「あらそう。何だか全員参加だったから仕方なく参加した事ならあるんじゃないかしら。結局ゲームとしては全く成立しなかったはずよ」

「え?そうなのか?何が起こったんだ?」

「あら、皆が私に恨まれるのを恐れて、全く狙ってこなかったのよ。最終的に両チーム一人ずつになって、相手チームの最後の一人が私目掛けてボールを構えたまま泣き出したところで終了になってしまったわ」

「何だか光景が目に浮かぶようだな……って、一体どんな誤解をされてたんだ?全く。お前は誰よりも優しいのに、どうして誰も理解出来ないんだろうな」

「……何を至近距離からのボールをたまたま上手くキャッチした男のような顔をしているのか分からないけれど、本来ならばずっと外野にいるべきゲームでしょうね」

「そうか?まぁ外野の働きも重要だけどさ。避けたりキャッチしたりよりも、攻撃の方が好きなのか?」

「違うわよ。ルールの中で他者への攻撃が許されている状況というのは、その人が本来持っている本性がとても出やすいのよ。他の人間を狙っているように見せかけて別の人を狙う性格とか、執拗に追い回して精神的に追い詰めてから攻撃する性格とか、自分では誰も攻撃出来ずに味方に責任を負わせる性格とかね。誰がどのような攻撃性を持っているのか、全くゲームに加わらずにに一番近くで観察するのが最も有意義な参加方法じゃないかしら」

「いや、それじゃ結局全く参加してないぞ……まぁ高校生ともなると中々ドッヂボールをする機会も無いけど、もしあったら僕はお前のために壁になるぞ」

「あらそう。しつこく逃げ回って、大勢の本性を引き出してくれるのね。私の影になるからには、最後まで逃げ続けてちょうだい」

「影じゃなくて壁だぞ!しかもやっぱりお前は参加してないじゃないか!」


【会話ブログ】
「応援クリックはこっちでよろしくね」

公認会話士の電子書籍はこちらで購入出来ます。

関連記事



【会話ブログ】を皆で共有しましょう!
コメント
非公開コメント

そこは壁じゃなくて盾…
某人気妖怪の着ぐるみを想像してしまいました。

2015-03-17 23:10 │ from ナイチンゲールURL

Re: 壁

「あら、何だか四角い壁みたいな印象かしら。でも的が大きいと当てられる確率も一気に上がりそうね」

2015-03-18 00:11 │ from 公認会話士URL

トラックバック

http://kouninkaiwashi.blog.fc2.com/tb.php/3996-e13f20f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。