【会話ブログ】無理な数を受け入れるのは無理じゃないわ - 【会話ブログ】

【会話ブログ】 ホーム » スポンサー広告 » ミッキー+ミニー » 【会話ブログ】無理な数を受け入れるのは無理じゃないわ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【会話ブログ】を皆で共有しましょう!

【会話ブログ】無理な数を受け入れるのは無理じゃないわ

ラッキーナンバーってある? ブログネタ:ラッキーナンバーってある? 参加中


「そういえば何か験の良い、普段意識してるラッキーナンバーってあるか?」

「あら、何かしら、突然、気持ち悪いわね。第一声から妙な話をされてしまった現在二人きりの私は、場合によっては三人で会話する事もあるわね。今後四人になる可能性に関しては五里霧中と言わなければならないのが心苦しいけれど、六という数字は……ちょっと置いておきましょうか。時にはこんな七転八倒ぶりを発揮してしまう私は……」

「お、おい、ちょっと突然何を言ってるんだ?」

「うるさいわね。そうやって私の話を頭ごなしに上からキューっと、ジューっと押さえつけて黙らせようとするのは辞めてちょうだい。まぁ、あなたのせいで1から10まで全てがアンラッキーな数字になってしまったわね。ラッキーナンバーになるような数字が一つも無い、要するにゼロ個という事は、何と0から10までの全ての数字がアンラッキーナンバーになってしまったわ」

「いや、どうして今の話でアンラッキーになるのかよく分からないぞ」

「うるさいわね。何が何だか分からない展開のうちに大して意味も意図も意志もなく登場して消えていってしまった数字がラッキーなはずがないじゃないの。ラッキーじゃないならそれはアンラッキーよ」

「うーん、そのわりにはずいぶん無理して数字を登場させてたような気がするけど……あ、それなら6で良いじゃないか。6は置いておかれたまま使われてなかったぞ」

「あら、意外とよく聞いていたわね。その点からもラッキーナンバーに昇格しそうな可能性を秘めている事は否定しないけれど、でもフライドポテトを注文して六本だけ出てきたとして、私はラッキーと思うのかしら。あなたとの会話が六回だけ行き来した段階で終わってしまって、私は満足するのかしら。こんな短いやり取りで既に八回も私達は言葉を発しているのよ。更にあなたが六人に増殖したとして、私は歓喜するのかしら。面倒過ぎて七人くらい消したくなってしまうでしょうね。更に……」

「わ、分かった。もう良い。無ければ無理してラッキーナンバーなんて作らなくても良いと思うぞ」

「あらそう。という事は私は今後一生数字との相性が最悪な状態のまま生きていかなければならないのね。あなたが妙な質問をするから私は数学界や自然数界から追放処分になってしまったわ。ある意味無理数みたいなものかしら。それなら今後はルート3、ではなくてルートさんと呼んでちょうだい」

「何を言ってるのか意味が分からないぞ!別にラッキーじゃない数字が必ずアンラッキーになるとは限らないじゃないか。それにラッキーナンバーって言っても、ただ単に好きな数字とか、そういう捉え方でも良いと思うぞ」

「うるさいわね。特に好きな数字なんて無いわよ。それならあなたは何か好きな数字でもあるのかしら?」

「うーん、そうだなぁ。ミッキーとミニーの名前のイメージで3なんて良いんじゃないのかな。さっきお前も言ってたように、ハイジを入れると三人にもなるし」

「あらそう。それなら私は1にしようかしら。私は単純には語り切れないわよ」

「そうか?1は単純で分かりやすいってイメージがあるけどな」

「違うわよ。単純に割り切れないわよ、って言ったの。あなたの3で私を割ろうとしても割り切れずに同じ3が並ぶだけじゃないの。退屈なあなたにはぴったりじゃないかしら」

「0.33333……ってカンジか。わざわざ僕を罵るために1を選んだんじゃないだろうな……全く」

「うるさいわね。この計算式は途中で終わらずに永遠に続くのよ」


【会話ブログ】
「あなたの好きな回数だけクリックしてみたらどうかしら」


公認会話士の小説連載中

小説版会話ブログ第一弾
【はじまりの日】

小説版会話ブログ第二弾
【拝啓、わが路】

小説版会話ブログ第三弾
【そして欠片は花弁のように】

会話ブログRPG
第1章
第2章

リクエストや質問、待っているわ」

関連記事



【会話ブログ】を皆で共有しましょう!
コメント
非公開コメント

1. 無題


というのは不吉な数の象徴らしいですね。
どこかで聞いた話なので定かではありませんが、6を信じて不幸に見舞われてしまったときはすぐにおやめください。ミッキーに危険が迫った場合はお任せします。

2011-04-27 20:33 │ from 紅葉音@あした作戦実行詳しくはブログにてURL Edit

2. Re:無題

>紅葉音@あした作戦実行詳しくはブログにてさん
「あら、そうね。悪魔は獣で、獣は666、みたいな話だったかしら。大丈夫よ、悪魔の黒さなんて私の過去の日々に比べたら……って、誰が大魔王のように真っ黒なのかしら、失礼な。とにかく彼には妙なものは近付かないわよ。毎晩見張っているもの」

2011-04-27 20:48 │ from 公認会話士URL Edit

3. 無題


ミニーさんのラッキーナンバーは、二ケタですが

“32”でどうでしょう☆

ミニーになるでしょ??
イイと思います♪

2011-04-27 21:01 │ from 村山☆愛菜URL Edit

4. ☆ロト(クジ)☆ってご存知ですよね?-☆w

タイトル(あれ)の、

『クイックピック』

信用度・・・(なぜか?)高い-☆wwwですよ!?

なんでだろ?

2011-04-27 21:05 │ from 光太郎URL Edit

5. 無題

あたし19(^-^)

いま決めた。

2011-04-27 21:11 │ from こいけURL Edit

6. Re:無題

>村山☆愛菜さん
「あら、どうもありがとうね。私の名前ならいっその事321も良いかもしれないわね。って、誰が0になる寸前なのかしら。私はいなくなったりしないわよ」

2011-04-27 21:22 │ from 公認会話士URL Edit

7. Re:☆ロト(クジ)☆ってご存知ですよね?-☆w

>光太郎さん
「あら、購入した経験は無いけれど、数字が選べるクジなのにあえてランダムに選ぶという事かしら?それで当たるのも興味深いわね。自分では思いも付かない数字で当たるから強く印象に残るのかもしれないわ」

2011-04-27 21:25 │ from 公認会話士URL Edit

8. Re:無題

>こいけさん
「あら、それなら今後注意して生活していれば、きっとあなたにとってラッキーになるはずよ」

2011-04-27 21:26 │ from 公認会話士URL Edit

9. こんばんはー♪

>公認会話士さん
「あら、6は神秘的な数字よ。ハニカム、ハニカム。置いとかないでね♪」

2011-04-27 22:54 │ from ジュンジマンURL Edit

10. ミッキー君の注意力に脱帽

いつもペタありがとうございます!
今日は1つ進められましたので、読みに来て頂けましたら幸いです☆

ミッキー君の注意力に脱帽です…ミニーさんの言葉の中に6が無い事に気付くとは、さすがミッキー君(*^▽^*)
私の知っている話ですと、「3」はどの文化でも聖なる数に選ばれるようですよ。後は日本では「死」と絡められますが、「4」とか……数の象徴も面白いですよね(^-^)v

2011-04-27 23:14 │ from 白永洲クジラURL Edit

11. Re:こんばんはー♪

>ジュンジマンさん
「あら、悪魔の獣の話を指しているのかしら?6があなたの期待する扱いにならなくて悪かったわね。ちょっと思考回路が日本語の表現に特化した状態に陥っていたのよ」

2011-04-28 03:20 │ from 公認会話士URL Edit

12. Re:ミッキー君の注意力に脱帽

>白永洲クジラさん
「あら、こちらこそいつもコメントどうもありがとうね。今回もとても読み応えのある内容だったわね。あら、そうね、彼は彼なりに揚げ足を取ろうと必死に足にしがみついているのかしら、いやらしい。そうね、3は表現のテンポとして好きな数字よ。2つより奥が深くて、4つよりシンプル、しっくりくるわ」

2011-04-28 03:26 │ from 公認会話士URL Edit

13. 末広がりの

8はいかがでしょうか?

漢字圏では好まれる数字だと聞いています。

競馬でも丁度中間の馬番。来そうです。「エイト」ていう競馬新聞もある。

ただし「エイト」をチーム名から削除した名古屋グランパスはエイトを取ったそのシーズンに優勝しましたが(苦笑)。

2011-04-28 05:08 │ from GangbearURL Edit

14. Re:末広がりの

>Gangbearさん
「そうね、日本語でも八を使った表現というのはたくさんあるわね。ひょっとすると中国から漢字を教わる前からという気もするわ。きっと日本人が元々好きな数字として遺伝子に入っているのかもしれないわね」

2011-04-28 06:55 │ from 公認会話士URL Edit

トラックバック

http://kouninkaiwashi.blog.fc2.com/tb.php/924-1b625dd0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。